So-net無料ブログ作成
検索選択

前方後円墳


学校で習った「前方後円墳」です。
こないだの里帰りのとき、「スゲェじゃん」とちょっとコーフン気味に言うと、
「そうかなあ」とつれない返事でした。
よくよく聞くと、単なる山にしか見えないんです。
ああ、ナルホドねぇ。パンフレットで見るから、前方後円墳ってわかるのですね。
そんなこんなのなか、こないだ図書館へ行ったら、いいモンがありました。
『空から見た古墳』。全国の古墳を空撮した写真集で、197ヶ所が載ってました。
カミさんの実家の近くの古墳もバッチリ!! これならよく分かります。
それと、岩手や宮城にもあるんですねぇ。ちょっと意外。近畿のほうばっかりと思ってたんです。
で、「前方後円墳」の写真って、「円墳」のほうが上にくる写真が多いのは気のせい? なんとなく鍵穴みたいな感じでした。
「前方後円墳」という名前なのに、疑いもせず丸い方が上というか、前というか、と思い込んでたんですが、
名前と写真、逆なのかあ、と気がついたとき、軽く驚きましたね。「アッ、ちがう…」って感じでした。
あれ、昔のひと、ホントに四角が前で円が後ろってことでつくったモンですか。
「ゼンポウコウエンフン」って語呂がいいから、そうってことになったんじゃないのですか。
へんなタイトルですみません。
先ほど副業を終えてから、高校までお兄を車で送り届けてきました。
お兄は、一昨日の柔道の授業中に負傷して、「頚椎捻挫」と診断されました。
=「むちうち」です・
よく最近のニュースでも、柔道の授業中の事故で死亡・意識不明・下半身不随等で裁判になっていますが、
危うく長男も仲間入りするところでした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。